You are using an outdated browser. Please upgrade your browser to improve your experience.
ナイト・アンド・ドラゴン - Knight & Dragon ハクスラ系ギルド育成RPG

「ナイト・アンド・ドラゴン - Knight & Dragon」は、中世ファンタジーの世界観で構築されたハック&スラッシュ系のロールプレイングゲーム。

「ナイト・アンド・ドラゴン - Knight & Dragon」は、中世ファンタジーの世界観で構築されたハック&スラッシュ系のロールプレイングゲーム。

ナイト・アンド・ドラゴン - Knight & Dragon ハクスラ系ギルド育成RPG

by Shinjiro NAKAGAWA
ナイト・アンド・ドラゴン - Knight & Dragon ハクスラ系ギルド育成RPG
ナイト・アンド・ドラゴン - Knight & Dragon ハクスラ系ギルド育成RPG
ナイト・アンド・ドラゴン - Knight & Dragon ハクスラ系ギルド育成RPG

What is it about?

「ナイト・アンド・ドラゴン - Knight & Dragon」は、中世ファンタジーの世界観で構築されたハック&スラッシュ系のロールプレイングゲーム。

ナイト・アンド・ドラゴン - Knight & Dragon ハクスラ系ギルド育成RPG

App Details

Version
1.2.11
Rating
(1977)
Size
53Mb
Genre
ゲーム ロールプレイング
Last updated
March 7, 2017
Release date
October 2, 2015
More info

ナイト・アンド・ドラゴン is FREE but there are more add-ons

  • ¥360

    広告解除

App Screenshots

ナイト・アンド・ドラゴン - Knight & Dragon ハクスラ系ギルド育成RPG screenshot-0
ナイト・アンド・ドラゴン - Knight & Dragon ハクスラ系ギルド育成RPG screenshot-1
ナイト・アンド・ドラゴン - Knight & Dragon ハクスラ系ギルド育成RPG screenshot-2
ナイト・アンド・ドラゴン - Knight & Dragon ハクスラ系ギルド育成RPG screenshot-3
ナイト・アンド・ドラゴン - Knight & Dragon ハクスラ系ギルド育成RPG screenshot-4

App Store Description

「ナイト・アンド・ドラゴン - Knight & Dragon」は、中世ファンタジーの世界観で構築されたハック&スラッシュ系のロールプレイングゲーム。
あなたは冒険者ギルドのマスターとなり、様々なクエスト、ミッションを行って、ギルドを成長させていくことが目的となる。

・あいた時間にいつでもプレイ可能、簡単操作で、お手軽なゲーム内容!
・お手軽ながら、レアアイテム収集やスキルの獲得、クラスチェンジなど、奥深いシステムでやりごたえは十分!やりこみ要素も満載!
・アイテムには、ランダムで様々な特殊効果が付与されるため、バリエーションは膨大。究極の装備を求めて、クエストに挑もう!
・戦闘は白熱のリアルタイムバトル!強力なスキルでクリティカル連携を決め敵を一掃する快感がやみつきに!
・複数のクエストで一連のストーリーを構成する「ミッション」が登場。壮大なストーリーを体感しよう!

■バックストーリー
はるかな昔、突如として現れた一匹のドラゴンによって、王国は滅亡の危機に瀕していた。
人々は団結し、激しい抵抗を試みたが、ドラゴンの巨大な力の前に為す術もなく、一人、また一人と倒れていった。
人々はやがて絶望し、自らの運命を呪い、華やかだった王国は輝きを失おうとしていた。

その時、一人の勇敢な若者が立ち上がった。

若者の旅は長く険しいものだった。
道中あらゆる困難が若者の身に降りかかったが、決して挫けず、勇敢な心と強い意志を持って旅を続けた。

長い旅路の果てに、ついに若者は、ドラゴンの住む山へ辿り着いた。

・・・

雲にも届く山の頂で、若者は見事にドラゴンを打ち倒した。
翼を失い、もはや逃げることもできなくなったドラゴンを前に、二度とこのようなことが起こらぬようにと、若者はその心臓を抜き取り、粉々に打ち砕いた。

王国に再び平和が訪れた。

人々は凱旋した若者をたたえ、国王はその座を若者に譲り渡し、若者は王となった。
王国は新たな王のもとにますます栄え、人々はようやく訪れた真の平和に心から喜んだ。

それから数百年の時が流れた・・・。